DIARY:とある1日

気がつけば2017年も1月後半。

ていねいな暮らしとは対極にある、
雑な暮らしを重ねている女です...。
頑張ります。

去年、展示やデザイン界隈のトークイベントや勉強会などに
行くことが少なかったのですが、
最近色々思うことがあり、
今年は積極的に見て触れていきたいと思っている今日この頃。

先日、国立新美術館が開館10周年を迎え、
一部の展示が無料で見られるというので行ってきました。
太っ腹。

以下、スマホで適当に撮ったもの。

画用紙の数字で作られた美しいグラデーション。
周りの壁には今までのポスターのアーカイブが飾ってありました。

f:id:rumisugai:20170215133822j:plain

f:id:rumisugai:20170215133838j:plain

f:id:rumisugai:20170215133855j:plain
↓ ボケてたけどなんかそれがかわいい。

f:id:rumisugai:20170215133900j:plain

f:id:rumisugai:20170215133912j:plain

f:id:rumisugai:20170215133928j:plain
書道の展示も無料でした。
昔習字を習っていたので、改めて見ると面白かったです。
また始めたいなぁ。

f:id:rumisugai:20170215133846j:plain

f:id:rumisugai:20170215133934j:plain
美術館の展示って見るのにパワーがいるなぁと思うのは私だけでしょうか。
体力が無くなりあっという間に夕暮れ時。
光の差し込みが綺麗で、妙に切なさを感じました。

このあと「デザインの解剖展」を見に行こうとしたら、
終了間近ということもあってか入場規制がかかっていて諦め、
TOBICHIまで歩いて梅佳代さんの写真展「白い犬」を見てきました。
日常を切り取った家族の景色は、
さっきまで見ていたものとのテンションがあまりに違いすぎて、
気持ちがほぐれて良かったです。